メインストリート|千葉のガラスコーティング専門店

ガラス交換

ウインドウリペアで修復が不可能な場合などは、ガラス交換になります。
ガラス交換の場合、輸入ガラス、車外品ガラス、純正ガラス、高機能ガラス(クールベール)などがあり、ご予算によって、それぞれご提案させていただいております。

ガラス交換作業前に必要な物

1.車検証の必要事項

A.初年度登録年月
B.車台番号
C.形式
D.形式指定番号
E.類別区分番号

2.ガラスの刻印の確認

ガラスのモデルナンバー
A Mナンバー
B DOTナンバー

 

3.ガラスの破損部位

4.車両保険に加入しているか?いないか?

上記を確認の上、お問い合わせください。

ガラスの品質と種類

1.自動車メーカー純正品<あくまで純正品にこだわるなら!>

自動車メーカー製のガラスです。メーカー標準小売希望価格があるため、あまり割引出来ません。

2.国内優良品<高性能ガラス、クールベールがおすすめ!>

国内自動車ガラスメーカーが、補習用に製造したものです。
純正ガラスより比較的割り引きが出来ます。
精度、性能は純正ガラス品と同等で、自動車ガラスメーカーのロゴが入っています。
すべて日本工業規格にのっとった製品です。

3.海外輸入品<車両保険に入っていない、あるいは予算を抑えたいなら!>

海外のガラスメーカーが製造した輸入商品です。
稀少車種は設定商品がない場合がありますのでご確認ください。
ほぼ90%以上がアジア諸国で製造輸入されています。
品質面では国内純正ガラスよりも劣りますが、全て車検適合品とされた物のみ供給されております。価格は純正品や国内優良品よりも安価となります。

高機能ガラス クールベール

クールベールは、快適なドライブの妨げとなる「熱さ」の原因・中赤外線(IR)と「日焼け・シミ」の原因・紫外線(UV)を大幅カットする高機能ガラスです。車内の温度上昇を抑えるので、乗り込み時に感じるこもった熱さや、ヤケドしそうなハンドルとはもうサヨナラ! エアコンの効率もアップし低燃費につながる、きちんとエコなフロントガラスです。

1.日差しのジリジリ感をカット

ドライブ中の最大の敵である、窓から差し込む日差しのジリジリ感をカットします。

2.炎天下でのハンドルの温度上昇が抑えられます!

炎天下の中、ちょっと車を駐車して戻ってくるとハンドルが熱くなって不快な思いをしたことはありませんか。そんな悩みもクールベールで解決します。

3.エアコンの効きが早くなります!

Return Top